ベレッタM12 | 銃器紹介 | 東京サバゲーナビ

ベレッタM12

Topページ各国銃器情報 →ベレッタM12

画像引用:wikipedia
ベレッタM12は1959年にイタリアのベレッタ社が開発し、1961年にイタリア政府が正式採用したサブマシンガンである。
拳銃に使われる9x19mmパラベラム弾を使い、マガジンは20発、30発、40発の3種類がある。
プレス加工などで生産しやすいデザインをしており、信頼性の高いサブマシンガンであり、欧州の警察などで広く普及している。

他国でもライセンス生産されることとなり、TVの報道などで現地警察官が持っていることがある。
砂塵や高温多湿といった銃にとって過酷な環境でも良く動いてくれるため南米やアフリカ諸国へ多く輸出されている。

TVの報道では比較的よく見かける銃で、ヨーロッパのテロ事件後に報道にてベレッターM12を持っている警察官が写されたことがある。
アフリカでも同様にテロ事件発生後でも現地警察官が持っていた。

サブマシンガンというとドイツH&K社のMP5をイメージしがちがだが、このベレッタM12も世界的に有名な銃なのである。

サバゲーでもMP5の人気に押されがちでベレッタM12の製品は少ないが、ベレッタM12のエアガンは発売されている。
欧州の法執行機関ではよく銃なので使われているので、警察官などの恰好をするときにベレッタM12はいかがだろうか。

スポンサー広告