フラッシュライト内臓フォアグリップ!?OLIGHT Sigurdレビュー! | サバゲーナビ

フラッシュライト内臓フォアグリップ!?OLIGHT Sigurdレビュー!

Topページレビュー →フラッシュライト内臓フォアグリップ!?OLIGHT Sigurdレビュー! | サバゲーナビ 

OLIGHT Sigurd

皆さんはOLIGHT(オーライト)というフラッシュライトメーカーをご存知でしょうか?
高品質なミリタリーライトやアウトドア用などのライトを製造、販売している中国の深センにあるメーカーです。

当サイトではOLIGHT製フラッシュライトを何度もレビューをさせていただいているのですが、新商品の『Olight Sigurd』のレビュー依頼が来ましたのでどのようなライトかレビューいたします!!

OLIGHT Sigurdの販売ページはこちら
OLIGHTの公式サイトはこちらです。

フォアグリップ+フラッシュライトの決定版

レビューするOLIGHT Sigurdは、フォアグリップの中にフラッシュライトを内臓したものです。
そういうフラッシュライトは他のメーカーでもあるのでは?と思うかもしれませんが、実は他社メーカーでここまで完成度の高いフォアグリップとフラッシュライトが合わさった製品は無いのです!
他社製品ではフラッシュライトに大きなグリップハンドルが付いていたり、外装にピカティニーレールが付いていてそこにグリップハンドルを自分で付けるなど、かなり大型化していたのです。
ここまでスリムにフォアグリップとフラッシュライトを合わせた製品は初めて見ました。

ガンに取り付けるピカティニーレールの面はこのようになっており、太いネジ1本で取り付ける事ができます。
簡単に脱着できるので操作は楽でした。

OLIGHT Sigurdの販売ページはこちら

OLIGHT Sigurdのをエアガンへ装着

私の愛銃、AKストームに装着してみました。
しっかりと固定されており剛性に問題はありません。フォアグリップを振り回したところで外れる事もなく、問題なく使うことができます。

前方から見るとこのようなデザインになっており、SFっぽい雰囲気がありますね。

握ってみたのですが、手にしっかりフィットしてくれてとても持ちやすかったです。
しっかりと手に付いてくれる感じがあり、人間工学に基づいて作られている事がよくわかります。
ライトのスイッチは左右に付いており、親指で簡単に操作ができました。

OLIGHT Sigurdの販売ページはこちら

スポンサー広告
スポンサー広告

OLIGHT Sigurdの充電

OLIGHT Sigurdはバッテリー駆動です。
OLIGHTの充電用ケーブルを使う事で充電できます。USBケーブルですのでスマホ用モバイルバッテリーなどからも充電が可能です。
OLIGHT Sigurdの販売ページはこちら

OLIGHT Sigurdのスペック

主なスペックは以下の通り。
明るさ:最大1450ルーメン、Lowモード290ルーメン
重量:220g
防水規格:IPX4
長さ:166mm

OLIGHT Sigurdの販売ページはこちら

OLIGHT Sigurdの総評

フォアグリップ内部にここまで上手くフラッシュライトを内臓したものは初めて見ました。
フラッシュライトは便利がツールなのですが、フラッシュライトによっては延長したスイッチを使ったりフォアグリップと干渉するためガンの左右に装着する必要があったります。
この製品はそういった事に悩まされることなく、装着するだけでフォアグリップとフラッシュライトを装備することができます。

OLIGHTは色んな製品を出してきましたが、ミリタリー関係でここまで踏み込んだ製品を出してきたことに驚きです。
今後はどのような新製品が出てくるのか、楽しみですね。

そして新商品に合わせてセールがあるのですが、9/26(月)20:00~9/29(木)24:00までの間はセールにより9521円で購入することができます!
それ以外にもOLIGHTの製品が15%~50%OFFの超お買い得セールとなっているので見逃してはいけません!

また、購入するとサービスとして付いてくるオーライト最小ライトi3E EOS Antique Bronzeが付いてくるのですが、サバゲーの帰りで装備を片付けている時などにサッと手元を照らす事ができる便利なLEDライトも付いてきます。

OLIGHT Sigurdの販売ページを是非ご確認ください!

また、OLIGHTは他にも色んなライトを販売していますので是非公式サイトを見てください。
OLIGHTの公式サイトはこちらです。

著者:AK侍(サバゲーナビ管理人)

2014年にサバゲーデビュー、それからサバゲーにハマり定例会によく出没する。
定例会の開催日を検索するのが大変なので、検索システムを導入したサバゲーナビを2016年10月にオープンさせる。
東京、千葉、神奈川、埼玉など関東を中心にサバゲーをする。いつか名古屋や大阪など関西にも遠征して全国のフィールドでサバゲーするのが夢。
装備はAKが大好きだが、M4、89式と色んな銃を使ってみたい。
服装はフィールドに合わせて色々と変わる。

Twitter:@tokyosavagenavi



スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告