G36 | 銃器紹介 | 東京サバゲーナビ

G36

Topページ各国銃器情報 →G36

概要

画像引用:wikipedia
G36は1996年にドイツ連邦軍に採用されたアサルトライフルである。
メーカーは世界的にも有名なドイツの銃器メーカーのH&K。

第二次世界大戦後、西ドイツではG3を長く使っていたが、小口径弾を使う後継銃を求めるようになった。
薬莢が無いケースレス弾という新しい規格の弾丸を使用するG11というアサルトライフルの開発がされたがうまく実用化できず、そのG11の開発で培った技術を流用してG36は生まれた。G36は5.56x45mm NATO弾を使う。

G36は強化プラスチックを使うなど、今までの金属を多用した銃とは大きく異なる外観をしており、キャリングハンドルとスコープが一体化した外観が特徴的である。
標準的なモデルではこのキャリングハンドルの取り外しはできないが、派生型にはキャリングハンドルの上にピカティニー・レールが付いたものがある。

G36はドイツだけでなく、フランスやイギリスの治安機構や一部の部隊にも配備されるほど優秀なアサルトライフルだ。

画像引用:wikipedia
高い評価を受けているG36だが、アフガニスタンなどの実践配備によって信頼性に問題があることがわかった。
原因は熱による変形で、命中精度が低下するという報告がなされた。
弾丸を連続して発射するときの熱によるレシーバーの変形や、直射日光を長時間浴びること、強化プラスチックそのものの劣化など、様々な理由が挙げられている。

G36はエアガンでも多数発売されており、人気のあるシリーズである。電動ガン、ガスがあり、国内外から多くの発売されている。

関連商品

スポンサー広告