スプリングフィールドM14 | 銃器紹介 | 東京サバゲーナビ

スプリングフィールドM14

Topページ各国銃器情報 →スプリングフィールドM14

概要

画像引用:wikipedia
スプリングフィールドM14は第二次世界大戦後、M1ガーランドの後継銃として開発された銃である。7.62mm弾を使い、20発装填できる。
長距離射撃に向いており、海兵隊や特殊部隊によく使われている。

M14は優秀なライフルではあるが近距離での戦闘には向いておらず、ベトナム戦争開戦時には米軍に普及されていたがその後に登場するM16に活躍する場を渡すこととなった。

そもそも第二次世界大戦で活躍したライフルの後継銃のため、戦場が大きく変わったジャングルなどの戦闘には適していなかった。
M14は300mなどの遠距離を得意としているが、ジャングルでの戦闘距離は30m以内がほとんどだったのである。
M14はベトナム戦争で活躍できなかったもののライフルとしての性能は高く、その命中精度の高さから特殊部隊などでは現在でも運用されている。

画像引用:wikipedia
アサルトライフルでは届かない距離の敵に対処するマークスマンライフルとしてとても活躍してくれる。
映画「ブラックホークダウン」でデルタ部隊の隊員が使っていた。

エアガンでは国内外のメーカーで多くのM14が発売されている。
スタンダードなM14から近代からされたSOCOM版、近代化され20mmレールが装備されたEBR版など様々なエアガンが出てる。

ベトナム戦争から現代までアメリカを代表する銃でもあるので、多くの米軍装備に似合うエアガンでもある。

関連商品

スポンサー広告