HIVE(ハイヴ) フィールドレビュー | サバゲーナビ

HIVE(ハイヴ) フィールドレビュー

Topページレビュー →HIVE(ハイヴ) フィールドレビュー | サバゲーナビ

HIVEは大阪府太子町にあるアウトドアフィールドで、奈良にあります「LAGGOONCITY」で培ったノウハウを活かした姉妹フィールドで、全面平地で舗装された地面に、複雑に入り組んだ壁が多く、CQB戦闘を意識した構成となっており、オブジェクトや建物などは、まるで小さな集落のような雰囲気の作りとなっております。

フィールドのテーマは「山に囲まれたヨーロッパの古い町並み。」

今回は定例会に参加しましたのでレビューを致します。

受付、セーフティエリア

HIVEは朝9:00~夕方16:00までの営業で、初回登録料500円、フィールド使用料が18歳以上の男女ともに3800円。

受付ではBB弾や各種電池、曇り止めやBBローダーなどを販売。
またお昼に地元お弁当業者に手配して出来立てが届く、日替わりお弁当(1つ500円)の予約も受け付けてました。

レンタルはG&G製M4、ゴーグルとフェイスガード、上下ウェアなどなど、初心者でも手ぶらで参加できるような品揃えでした。

セーフティエリアは広々とした作りで、通常では屋根無し、屋根有り含めて80人が座れるほどの広さ。またこれから更に席数も増やせるとの事。

設備は更衣室が4部屋、男女別の仮設タイプのトイレ、自販機、マガジンウォーマー、立て掛け型と壁掛け型の各種ガンラック、喫煙スペースが設置されてました。
冬場にはドラム缶で焚火、夏場は仮設プールなど季節によって設備が変わります。
また、ペットボトルや持ち込んだ飲食のゴミは分別すればゴミ箱へ捨てる事が出来ます。

電子レンジ、ポットは備わってないのですが、火気使用スペースがあり、そこでならガスコンロなどが使用可能との事。ただし使用後のガス缶は各自持ち帰り。

シューティングレンジは風の影響を受けないように壁で囲まれ、最大25mの長さで4人が同時で調整できるように作られていました。

スポンサー広告
スポンサー広告

旧市街地エリア

現在、HIVEの定例会で使用されている通称「旧市街地」エリアでは様々な建物が立ち並び入り組んだ構造で、最大定員数80人がプレイできる環境でした。

旧市街地エリアではその構造故に交戦距離が近く、そのため”セミオートのみ””跳弾ヒット無し”のルールがあります。
また各種グレネードは使用が出来ますが下投げか、窓から入れる際は投げ入れるのではなく落とすように使用。モスカートも使用できますが曲射撃ちは禁止。40Mikeは使用禁止。

建物にはそれぞれに窓があり、射線が通る意外な抜け穴があって、どこにいても周りを警戒し油断できないような作りになっていました。

スナイパー専用の2階に上ることが出来るスナイパータワーが2か所あり、1部のゲームで使用する事が出来ます。

スポンサー広告
スポンサー広告

開閉可能な扉があって活用することが出来たり

一見ただの行き止まりと思いきや

上下に動く隠し扉があったり様々な通路がありました。

この他にもちょっとしたブッシュのある丘があり、ここから見下ろして狙うことが出来たり、様々なスタイルでプレイできるようになってました。

フィールドの造形が良く、椅子や棚に電子レンジなどのオブジェクトも多くてどこでも写真映えしそうな雰囲気で、米陸軍装備やPMC、民兵やゲリラ兵など現代的な装備とフィールドと似合いそうですね。

また、時折スタッフがカメラマンとしてフィールド内に入り、ゲーム中のプレイヤーを撮影して回り、その日のうちに公式ホームページにてアップされ、すぐにでもその日の思い出が見返せる取り組みをされていました。

スポンサー広告
スポンサー広告

近日完成予定:新市街地エリア

今回は特別に近日完成予定の「新市街地」エリアを見学させて頂きました。
旧市街地に比べて圧倒的に広く、最大定員数は150人を予定しているとの事。

空間も窮屈感があまりなく広めに作られており、こちらはフルオート戦も出来るようになるとの事。
また新市街地エリアはフィールドの真ん中に道路として開けて、そこに車が置かれており、旧市街地と違ったシュチュエーションで楽しめそうです。

造形も旧市街地と同じくとても良く出来ています。

また、上記写真の階段を上がるとそこが旧市街地エリアであり、現在は仕切られていますが、その仕切りを外して新市街地エリアと繋ぐ事により、関西で他にない全面舗装の最長で最大となるアウトドアフィールドになるとの事。

アクセス、その他詳細

というわけでHIVE airsoft fieldレビューでした。

場所は大阪府南河内郡太子町春日415-1

車の場合、高速道路ですと太子ICを降りて5分ほどと大阪近郊ですと非常にアクセスしやすい立地。

電車の場合、近鉄南大阪線の上ノ太子駅が最寄り駅ですが、タクシーで7分ほど。
徒歩ですと30~40分と掛かってしまします。

周辺には車で5分ほど離れてコンビニ(セブンイレブン)や、太子温泉の施設があるので車での利用がオススメですね。

公式ホームページはコチラ→http://hive-osaka.com/

各種公式アカウントはコチラ

Twitter→@HIVE_field

Instagram→@hive.666

関連ハッシュタグは
#HIVE #ハイブ #hiveairsoftfield

アクセス、その他詳細

関西では他にはあまり見られ無い全面舗装されたフィールドで汚れる心配がなく、グレネードが大いに活躍出来ます。

ゲームの回転率も高く、テンポよくゲーム回しもされていました。

ゲームは1回復活の殲滅戦、フラッグ戦、カウンター戦の一般的なものから、特殊ゲームのジェンガ戦、アタッシュケース戦、大統領戦などもありました。

予約はホームページで受け付けており、定員に達してしまうと当日参加が出来ません。
ただ、随時Twitterアカウントにて当日の空き状況を発信しており、当日たまたま予定が空いて機会が合えばチェックすることをオススメします。

著者:骸骨サバゲーマーSasugo
関西を中心に活動する骸骨サバゲーマー。
関西だけでなく関東や他地域へ遠征サバゲーもよく行く。サバゲーをするだけに飽き足らず、カメラマンやブログ、他にも自身で主催する貸切サバゲーイベントの通称「チェンサバ」や、創作キャラレイヤーとして「創作集団 悪役連合」のリーダーを務めるなど幅広く活動する。
2020年よりサバゲーナビ公式ライター。



スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告