アリーナシャングリラからの脱出 | サバゲーナビ

アリーナシャングリラからの脱出

Topページレビュー →アリーナシャングリラからの脱出 | サバゲーナビ

アリーナシャングリラからの脱出

脱出ゲームというと、制限された場所の中に脱出するためのヒットを探し、ゴールを見つけ出すというもの。

2019/9/16にインドアフィールド『アリーナシャングリラ』にて脱出ゲームにサバゲー要素を組み込んだイベントが開催されました。
脱出ゲームにサバゲー要素を追加という珍しい内容だったため私も参加いたしました。
さてさて、どのような脱出ゲームなのでしょうか?

バイオハザード発生の街

クロアチア、アドリア海沿にある町でバイオハザード(生物災害)が発生し街の住人がゾンビと化してしまいます。
その調査に向かった調査隊は原因を特定し無事脱出できるか、というのがこの脱出ゲームのストーリー。
ゲーム参加者は隊員となり上官の指示を受けながら任務を遂行していきます。

『アリーナシャングリラからの脱出』ではサバゲー要素もあるとのことですが、エアガン、BB弾の持ち込みは禁止。
フィールド内にある物資から調達して使うことになります。

最初の任務は、「街中から物資を調達しろ」というもの。
隊員は何の装備もないため、街中から使えるものを集めていくのが最初の任務。

普通の脱出ゲームであればゆっくり部屋の中を探して頭を使って謎を解いていくのですが、『アリーナシャングリラからの脱出』ではゾンビが街中を徘徊しております。

探索中、ゾンビの視界に入ってしまうとゾンビがダダーッ!とダッシュしてくるのでかなりビビります。
ここのゾンビは結構アグレッシブなようですね。
フィールドの中にはBB弾の入った袋やエアガンなどがあるので、それを回収して本拠地へ戻ります。

中にはハーブといったアイテムもあり、これがあればゾンビに攻撃されても復活することができます。

街中のいろんなところを調べていくのですが、調べ物に夢中になっているとゾンビがどこにいるかがわからなくなるのでいろんなものに意識をうまく分散させなければなりません。

ホラー映画で主人公が背後の敵に気づかない、これは実際にあるんだなぁと思わされました。

スポンサー広告
スポンサー広告

発砲してくるゾンビ

エアガン、BB弾やハーブと物資を調達し、本格的な調査の準備が整った調査隊。
次の任務は町の反対側にある教会にある地下室への鍵を取ってくるというもの。

ならばさっきの任務と同じかと思いきや、防衛線が破れてゾンビの数が増えてしまい、それも増えたのは警察官のゾンビで、生きているときの記憶がかすかに残っているらしく発砲してきます。
近づくと噛んでこようとするし、離れていれば発砲してきます。
これはタチが悪い!

増えたゾンビの視界にも入らないよう仲間と連携しながらなんとか協会にたどりつき、そして鍵を回収して基地へ戻らなければなりません。
想像以上にハラハラしながら街中をコソコソしなければなりませんでした。

地下研究施設

鍵で地下の扉を開け、バイオハザードの発生源である地下研究施設に進みますが、途中にはゾンビが徘徊しており、そしてバイオハザード対策に送られた完全武装の隊員がゾンビ化したものもいるとのこと。

隊員ゾンビはアサルトライフルをガンガン撃ってくるので凶悪極まりないゾンビです。
他にも普通のゾンビも入り乱れていますので、しっかりと仲間同士連携を取らないとすぐにゾンビに襲われてしまいます。

地下施設では事件の鍵となるものや、謎解きのヒントとなる情報などを収集していかなければなりません。
最後は謎解きをして脱出経路を特定させなければなりません。
私が参加したときは運よく情報を収集させることができ、時間内に答えを見つけることができました。

後は脱出経路を進めば脱出できるのですが、その中には・・・・

スポンサー広告
スポンサー広告

アリーナシャングリラからの脱出

インドアフィールド「アリーナシャングリラ」を舞台とした脱出ゲームですが、脱出だけではなくゾンビとサバゲーをうまく組み合わせたイベントでした。

途中途中で上官から任務内容が指示され、何をすればよいかが明確になります。
エアガンを使ったことが無い人も問題ないよう途中でシューティングの練習ができるなど配慮もされています。

脱出ゲームでもあり、ゾンビからも逃げるかなりハードなイベントでしたが、無事脱出できた私にはA判定の認定証をいただくことができました。

「アリーナシャングリラからの脱出」は今後も内容をブラッシュアップさせてもっと楽しくなるようにするとのことです。
2019/10/20(日)に開催され、時期的にハロウィーンをイメージしたポスターも公開されています。

謎解き、そしてゾンビからも逃げるという脱出ゲーム、是非お楽しみください。

イベントサイトはこちら

スポンサー広告
スポンサー広告

スタジオライビー

この脱出ゲームがテンポ良く進むことができたのも、上官からの指示を表示するディスプレイにはスタジオライビーのシューティングソフトが使われており、わかりやすく画面で説明されたというのが大きくあります。

途中のエアガンの練習に使われるシューティングゲームもスタジオライビーが提供しています。
スタジオライビーのシューティングゲームはアリーナシャングリラのシューティングレンジにも常設されておりますので是非そちらもお楽しみください。

スタジオライビーのサイトはこちら

著者:AK侍(サバゲーナビ管理人)
2014年にサバゲーデビュー、それからサバゲーにハマり定例会によく出没する。
定例会の開催日を検索するのが大変なので、検索システムを導入したサバゲーナビを2016年10月にオープンさせる。
東京、千葉、神奈川、埼玉など関東を中心にサバゲーをする。いつか名古屋や大阪など関西にも遠征して全国のフィールドでサバゲーするのが夢。
装備はAKが大好きだが、M4、89式と色んな銃を使ってみたい。
服装はフィールドに合わせて色々と変わる。

Twitter:@tokyosavagenavi



スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告