精度向上!?DCI GUNS 電動ガン側面吸気ピストンヘッドレビュー | サバゲーナビ

精度向上!?DCI GUNS 電動ガン側面吸気ピストンヘッドレビュー

Topページレビュー →精度向上!?DCI GUNS 電動ガン側面吸気ピストンヘッドレビュー | サバゲーナビ

DCI GUNS

DCI Gunsというと、3Dプリンターを使ったユニークな商品を出しているエアガンパーツメーカーですが最近では金属加工の商品を出すなど、商品の幅が広がってきております。

そんなDCI Gunsが電動ガンのメカボックスに使う面白いパーツを再販いたしましたのでご紹介いたします。
命中精度がグッと上がるパーツとのことですが、どのような商品なのでしょうか?

STD(スタンダード)電動ガン用側面吸気ピストンヘッド

DCI Gunsが開発した商品がこちら、『STD(スタンダード)電動ガン用側面吸気ピストンヘッド』です!
エアガンのカスタムをしたことがある人であれば知っている人も多いと思いますが、ピストンヘッドとは電動ガンのピストンの先端に付けるものです。

ピストンヘッドは注目を集めづらいパーツですが、実は超重要なパーツなのです。

ピストンヘッドの役割はシリンダー内の空気を一気に押し出す蓋のような役目をしており、シリンダー内の空気を押し出した後はシリンダーへ吸気する大切な働きもしています。
BB弾を発射するためピストンが秒間10回といったものすごい速さで動いており、実はピストンヘッドには物凄い負荷がかかっているのですね。

通常のカスタムピストンヘッドではOリングと呼ばれる円形のゴムパッキンが過度の膨張をしてピストンの動作の妨げをしてしまいます。
そこでDCI Gunsのピストンヘッドはその問題を解決するべく『側面吸気』という技術を取り入れました。

スポンサー広告
スポンサー広告

側面吸気ピストンヘッドのすごさ

DCI Gunsの側面吸気ピストンヘッドのどこがすごいのかというと、側面吸気をすることでOリングの過度の膨張を抑えピストンの動作に影響を与えづらくなっていることです。
OリングにはG.A.W.製FRUS-Oリングを採用しているとのことで、特殊処理が施されており従来のNBR(ニトリルゴム)Oリングに比べて動摩擦係数は1/5以下です。
またほぼすべての金属に対して粘着性がないので、シリンダーへのOリングの貼り付きが起こらないという優れた素材のOリングを使用しています。

通常のカスタムピストンヘッドですとOリングが過度な膨張をしてピストン内を圧迫してしまいます。
そのため動作が均一化されづらくBB弾を飛ばす空気の量にもばらつきが出てしまいます。

DCI Gunsの側面吸気ピストンヘッドはOリングが過度の膨張をせずピストン動作を安定させるのでBB弾を発射する空気量が安定します。
するとBB弾の速度が均一になるため、ホップをさせるゴムパッキンとBB弾の接触具合が均一になり常に同一のホップがBB弾にかかるようになります。
結果、BB弾の命中精度が上がります。

まとめますと、
ピストンの動作が安定する→BB弾を押し出す空気量が安定化する→BB弾の速度が均一になる→BB弾のホップの回転量が均一になる→弾道が安定する
このようになります。

スポンサー広告
スポンサー広告

側面吸気ピストンヘッドの動作解析

YouTubeでもその動作が公開されているので、ご紹介いたします。

ピストンが後退するとき、シリンダー内の気圧が低くなりピストンを引く力が強くなってしまいます。

側面吸気の機構により、シリンダー内に空気を取り入れることでピストンを引く力を抑えられます。

ピストンが前進して空気を押し出すときは、シリンダー内の空気圧の高まりを利用してOリングが適度な膨張をすることでエアーロスを低減します。

このようにピストンを押すときと引くときで吸気やOリングの膨張を適切に制御することにより安定した動作を実現しているのです。

スポンサー広告
スポンサー広告

側面吸気ピストンヘッドの副次的効果

BB弾の命中精度向上だけではなく、副次的効果も生み出しているのが側面吸気ピストンヘッドのすごいところです。

通常のカスタムピストンヘッドではOリングの過度な膨張のため、ピストンを動かすのに余分な力をかけて動かしています。
しかし側面吸気ピストンヘッドではOリングは適切な膨張をするため無駄な力はいりません。
側面吸気ピストンヘッドはモーターなどにかかる電力が抑えられバッテリーの燃費向上につながるんですね。

また、通常のカスタムピストンヘッドのようにOリングが膨張してしまうとピストン内のグリスを短期間で拭き取ってしまいます。
グリスがなくなると抵抗が上がるのでますますピストン動作に必要な力を増やす悪循環に陥ることになります。
結果としてピストンの動きも悪くなり、初速低下、命中精度も下がり、最悪、Oリングがめくれたり摩擦でボロボロになったりメカボックスの破損のリスクも上がってしまいます。

DCI Gunsの側面吸気ピストンヘッドでは、適度にOリングが膨張するためより長期間グリスが効果を発揮する可能性が期待できます。
Oリングそのものの破損も少なく、強いスプリングを使う必要もないためメカボックスの負荷も少なくなります。
つまり、側面吸気ピストンヘッドはエアガンの初速安定、命中精度向上の他に低燃費化、長寿命化の恩恵があるのです。

スポンサー広告
スポンサー広告

STD(スタンダード)電動ガン用側面吸気ピストンヘッド

いかがでしたでしょうか、側面吸気ピストンヘッド。
この側面吸気ピストンヘッドに関しては既に知的財産権の取得に向けて動いているとのことで、DCI Gunsの気合の入れようが伺えますね。

初期ロットの販売をしたところ一気に売り切れてしまったというのも納得です。

2019年5月下旬に再販されるとのことなので、欲しい方は公式サイトをチェックしておきましょう。
販売価格は2,980円(税別)です。

側面吸気ピストンヘッドはスタンダード電動ガン用のみしかありませんが、現在は次世代用、PTW(トレポン)用などを開発中とのことで商品の幅を広げていっているそうです。

次はどのような新商品を出してくれるのでしょうか?今後のDCI Gunsの動向には目が離せませんね。

DCI Gunsのサイトはこちら
amazonの通販サイトはこちら
POM版のamazonの通販サイトはこちら
楽天の通販サイトはこちら
POM版の楽天の通販サイトはこちら

著者:AK侍(サバゲーナビ管理人)
2014年にサバゲーデビュー、それからサバゲーにハマり定例会によく出没する。
定例会の開催日を検索するのが大変なので、検索システムを導入したサバゲーナビを2016年10月にオープンさせる。
東京、千葉、神奈川、埼玉など関東を中心にサバゲーをする。いつか名古屋や大阪など関西にも遠征して全国のフィールドでサバゲーするのが夢。
装備はAKが大好きだが、M4、89式と色んな銃を使ってみたい。
服装はフィールドに合わせて色々と変わる。

Twitter:@tokyosavagenavi



スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告