DELTA(デルタ) フィールドレビュー

DELTA(デルタ) フィールドレビュー

Topページレビュー →DELTA(デルタ) フィールドレビュー

AISOFT ZONE DELTA(デルタ)

千葉県の千葉駅から少し離れた商業施設「千葉ポートタウン」の中に、大型のインドアフィールドDELTA(デルタ)があります。

中は中東の雰囲気をしっかりと作り出し、実物大のブラックホークのレプリカが設置されているなど雰囲気づくりに気合の入っているフィールドです。
貸切でDELTAにてサバゲーをすることができましたので、レビューをいたします!

複雑に入り組んだフィールド

DELTAのメインフィールドは39m×34mとなっており、インドアフィールドでは広い部類に入ります。
それを存分にフィールドとして使いきるべく、迷路のごとく複雑に入り組むようフィールドを作り込まれています。

地図を見てわかる通り、フィールド内は小さな部屋をいくつも構築されています。
屋外フィールドによくあるような板で作ったバリケードを並べたようなものではありません。

全てを小部屋で構成しており、まるで迷路のような作りになっています。ここで戦闘をするには索敵がかなり困難になる印象を受けました。

板で作ったバリケードでは、敵がバリケードの後ろに隠れればそこから移動しなければ敵はずっとそこにいるとわかります。

しかしこのDELTAでは、すべてのバリケードは建物状になっているので、部屋の入口から敵が顔を出したのを確認したとしてもその敵はずっとそこにいるとは限りません。
裏側の扉から移動しているかもしれませんし、ずっとそこで敵を待ち構えているかもしれません。
建物の出入り口は多く、通路も複雑に入り組んでおり索敵が極めて難しい印象を受けます。

しかしそれは自分にも当てはまることで、常に移動して敵に位置を把握されないような戦い方をすれば相手を翻弄することができるでしょう。

建物からは下が空いている所もあるため、低い場所も注意しないと足を撃ち抜かれてしまいます。
ただでさえ窓もあるので不用意に動いてはいけません。

このバランスの難しさがDELTAの面白い所です。

こだわりのあるオブジェクト

DELTAにはオブジェクトにこだわりがあることでも有名です。

まず、ブラックホークのヘリコプターの等身大のレプリカがあります。
外見はリアルにできており、写真撮影でもよく撮られています。

そして中に入ることもできるので、ブラックホークの中でゲーム開始を待っていると作戦開始を待つ部隊のようで格好良かったです。

それ以外にもAKライフルがいくつも重ねられているオブジェなど、中東の雰囲気を強く出してくれています。

フィールドにはいたるところに木箱、ドラム缶、燃料携行缶が置かれており、中東の紛争の雰囲気があります。

また、現地の言葉で書かれたであろう落書きらしきものやポスター、干されている洗濯物があるなど、雰囲気作りをしっかりしています。
AKを持った中東のテロリスト装備もとても似合いますし、こういう雰囲気の良さもサバゲーを盛り上げてくれるのは嬉しいですね。

フィールド内のバリケード変更

インドアフィールドでバリケードを固定しているところは、何度もゲームをしていると有利、不利の位置がわかりがちになってしまいます。
その対策としてDELTAではフィールド内の扉を閉め切ることや、カーテンを使って道を遮るなどによってフィールドを変えてしまいます。

変更されるのは一部の扉や通路なのですが、それでフィールドの主要となる戦闘箇所が大きく変わるのには驚かされました。
敵との主戦場になっていた所などにカーテンが敷かれたり扉が閉められたりして、そこでは出入りできなくなります。
別の所から進撃しなければならないのですが、さっきまで戦っていたフィールドであるものの今までとは違う角度や建物になるため、索敵にかなり気を使いました。

設備

セーフティは詰めれば最大でも50人は入れそうな規模で、千葉ポートタウンという大きな商業センターの中にあるためとても綺麗で清潔感があります。

シューティングレンジも多くあるためゲーム開始前のエアガンの調整などもスムーズにすることができました。

セーフティエリアには大型ディスプレイが設置されておりここからフィールド内の戦況を知ることができます。

ゲーム状況を知らせるディスプレイがあるので、ゲーム終了までの時間を把握できるのも良いですね。

そして、DELTAにはミリタリーショップも併設されているので消耗品以外にも装備を購入することができます。
エアガンも取り扱っているので、ここで購入してすぐゲームに使う事も可能。

プレートキャリアやマガジンポーチなど装備の品揃えも充実しておりました。

AIR SOFT ZONE DELTA(デルタ)

DELTAは中東の雰囲気をよく作り出したフィールドであり、そしてインドアサバイバルゲームフィールドとしてよく作り込まれているフィールドです。
とにかく索敵をしっかりしないことには裏を取られてしまいますし、迂闊に敵の射線に入ってしまうこともしばしばありました。
CQBの難しさをこれでもかと体感することができます。

フィールド内のカーテンや扉の開閉などによってゲームバランスも大きく変わるため、飽きずにゲームを続けられたのも好印象です。
商業施設の中にあるためトイレなどは清潔ですし、品揃えの豊富なショップがあるためいざという時は助かります。
ここのフィールドを作った方は、間違いなくサバゲー好きだと感じさせられます。

食事などもしやすく、千葉市の中心にあるため交通も便利です。

DELTAは千葉中央駅から1kmほど離れた場所にあります。
中東の雰囲気と複雑なCQBを楽しめますので、是非お越しくださいませ。
詳細情報は こちら

店舗の場所はこちら

著者:AK侍(サバゲーナビ管理人)
2014年にサバゲーデビュー、それからサバゲーにハマり定例会によく出没する。
定例会の開催日を検索するのが大変なので、検索システムを導入したサバゲーナビを2016年10月にオープンさせる。
東京、千葉、神奈川、埼玉など関東を中心にサバゲーをする。いつか名古屋や大阪など関西にも遠征して全国のフィールドでサバゲーするのが夢。
装備はAKが大好きだが、M4、89式と色んな銃を使ってみたい。
服装はフィールドに合わせて色々と変わる。

Twitter:@tokyosavagenavi



スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告