第13回:ガルパン艦これ合同作戦改二 後編

第13回:ガルパン艦これ合同作戦改二 後編

Topページレビュー →第13回:ガルパン艦これ合同作戦改二 後編

ガルパン艦これ合同作戦改二

最近、流行っている第二次世界大戦の戦車のアニメといえば『ガルパン』(ガールズ&パンツァー)。
最近、流行っている第二次世界大戦の艦隊のゲームといえば『艦これ』(艦隊これくしょん)。

その『ガルパン』と『艦これ』を合わせたイベントが、ガルパン艦これ合同作戦改二!!

記事の後編となります!

通常のゲームも

午後のあたりから通常のサバゲーもするようになりました。やはりみんな装備はかなりしっかりしたものばかり。
それなりのサバゲー歴をお持ちの方々が今回のイベントに参加していたようで、午後のゲームは定例会などの雰囲気に近いようなものになりました。

こちらは陸自の格好をしたサバゲーマー。

スタイリッシュなコスプサバゲーマー。

ヒストリカルな方々も。

お昼は撮影会

通常の定例会などであればお昼休憩は1時間ですが、このイベントでは1時間半でした。その理由は撮影会。私もたくさん撮らせていただきました。

フィールド内を歌いながら行軍する大日本帝国陸軍の皆様。

WW2ドイツ軍の防衛線を再現。

ラジコン戦車大隊が登場。

ウラァーッ!と飲むロシア兵。でも飲み物はジンジャエール。

お昼にはスピーカーを持った方が音楽を鳴らしてクラブ会場のようになってました。

なんとMADな方々まで。

艦娘(♂)の集合写真

イベント全体を通して

150人も集まるという大所帯であったことと、お昼に写真撮影会があったことなどからゲーム数自体は少なめでしたがとても楽しめるイベントとなりました。
艦これ、ガルパンを知っている人であれば本当に楽しめます。

お昼には運営が作ったボルシチやハンバーグが出てくるなど、サバゲー以外の楽しみもありました。

主催者:ヘナ提督

主催者のヘナ提督に少しお話を伺ってみました。

このガルパン艦これ合同作戦というイベントは今回で3回目とのこと。1回目の参加者は30人、2回目は90人、今回で160人とどんどん雪だるま式に参加者が増加していきました。

ヘナ提督もさすがにここまで人数が集まるとは思わず、びっくりしたそうです。
それだけガルパンや艦これに興味のあるサバゲーマーは多いということですね。
また、両二作品はWW2をベースとしているためヒストリカル系の方々も参加しやすかったのかヒストリカル系の人も多く参加されていました。

ガルパンが好き、艦これが好き、ヒストリカルが好き、サバゲーが好き、色んな人が参加できるとても楽しいイベントでした。

最近ではサバゲーが少しブームとなりサバゲー人口も増加しました。その中にコスプレをしながらサバゲーをするという流れも確立しつつあります。

当日イベントに参加された皆様、お疲れさまでした!


ガルパン艦これ合同作戦改二 前編の記事はこちら

他のイベント情報はこちら