CQB FIELD BUDDY(バディ)フィールドレビュー | サバゲーナビ

CQB FIELD BUDDY(バディ)フィールドレビュー

Topページレビュー →CQB FIELD BUDDY(バディ)フィールドレビュー | サバゲーナビ 

CQB FIELD BUDDY(バディ)フィールドレビュー

CQB FIELD BUDDY(以下、BUDDY)は大阪府岸和田市にあるアウトドアフィールド。
ゲームエリアは単管とベニヤ板で迷路のように構成されており、複雑で入り組んだ構造によって回り込んで裏どりがしやすく、常に緊張感のあるゲームエリアとなっております。

またルールでは名物とまで言われているカウンターを使用したメディック戦の「カチカチメディック」があり、ゲームエリアの特性と非常に親和性が高いものとなっております。

今回はBUDDY主催デーゲーム(定例会)の「朝からカチカチメディック戦」に参加して取材ができたのでその様子をお届けします。

受付、セーフティエリア

BUDDY受付。
受付には弾やガス、消耗品などが置いてあります。その他にもカップ麺や種類豊富にアイスも取り揃えてあります。

BUDDYのデーゲームはゲートオープンが9時から、ゲームは10時~16時ごろまで。
料金は1名につき3500円。女性は2500円です。

また人数が集まればナイトゲームも開催され、ゲートオープンが19時からで、ゲームは20時~23時半まで。
料金は1名につき男女一律3000円です。

設備は電子レンジやポット、マガジンウォーマー、自動販売機。トイレは男性用として仮設タイプのトイレと、女性は専用の水洗トイレと更衣室がございます。

レンタルも充実しており、電動ガンはマガジンとバッテリーがついて2000円。ゴーグルは500円、迷彩服が上下ついて1000円で、手ぶらでも参加できるようになっております。

セーフティエリアは机と椅子がそれぞれあって最大65名ほどは収容可能です。
また座席は定例会参加予約時のチーム名で指定されております。

エアコンや扇風機完備で、冬場はストーブが置かれて、どの季節でも快適に過ごせる環境になっておりました。

現在はコロナ感染対策として仕切りが建てられ、かつ駐車場もセーフティエリアとして使用することができ、対策に努められております。

2021年1月14日~2月7日までの期間は政府の「緊急事態宣言」発令により大阪府も「緊急事態措置を実施すべき区域」として追加されたため、BUDDYの予約人数定員が44名までとなっております。

シューティングレンジ

シューティングレンジは建物を壁沿いとゲームエリアの横を通って反対側にあります。
長さは30mほどあり、4~5人ほどが並んで使用することが可能です。

ゲームエリア

ゲームエリアのスタート位置は4つあり、その都度スタート位置がアナウンスされます。

ゲームエリアのほとんどが単管とベニヤ板のCQB系で構成されており、迷路のように入り組んで複雑で、どこから射線が通っているのか把握しづらいようになっております。

ある程度広い空間のエリアもあり、長物でも使い方次第で活用できそうです。

他にも人一人しか通れないようなところもあります。

ドラム缶や車などのバリケードもあり、上には登ることができませんが、車などはドアを開けて中に入ることが可能です。

写真の建物は2階もあるのですが、現在は定例会ではスタッフ用として使われており、貸切ゲーム時のみ2階の使用が可能です。

他にもBUDDYはUAB公認のフィールドとして、UABのバリケードを設置したエリアもあり、定期的にUABの大会やイベント、貸切などが開催しております。
定例会ではこのエリアもゲームで使用可能です。

BUDDYのゲームエリアは定期的にメンテナンスと改装がされており、日々そのゲーム性が変化しております。
久しぶりにBUDDYのゲームへ参加すると、前まで通れた空間がバリケードで塞がれていたりするのでご注意ください。

レギュレーション

BUDDYのレギュレーションは2021年1月1日より改定があり、エアガンの初速が6mmの0.2gのBB弾で95m/s未満、0.25gのBB弾で85m/s未満。
ハンドガンは0.2gで90m/s未満、0.25gで80m/sとなっております。

使用できるBB弾が、東京マルイ製バイオBB弾0.2gと0.25g。
もしくはG&G製バイオBB弾0.2gの色がダークアースカラーのみとなっており、使用できるバイオBB弾に制限があるのでご注意ください。

CO2ガスガン、トルネードやサイクロングレネードは使用可能。
モスカート、40Mike、電動ショットガンは使用不可となっております。

ゲームの様子

今回は「朝からメディック戦」というその名の通り、朝から終わりまでの全ゲームがカウンターを使用した「カチカチメディック戦」というBUDDYの名物とも言われるゲームを展開しており、その様子をお届けします。

「カチカチメディック戦」とは、写真のカウンターを手首に取り付けて、ヒットされた人は生存している仲間に、20回カウンターを押してもらって復活することができるメディック戦です。

カチカチメディックは、復活するまで押している間で必ず動きが止まってしまうので、先に相手を倒しきって安全を確保するか、もしくは素早く復活させて仲間を増やすか、いかにしてそのタイミングを計るかが重要になってきます。

またBUDDYのゲームエリアはCQB系でも特に複雑で、かつ、裏どりがしやすいのが特徴で、前との相手と戦闘をしていると思えば、いつの間にか背後を取られて全滅することも多々ありました。
カチカチメディックによる復活アリということもあり、状況が二転三転するゲーム性がありました。

交戦距離も非常に近く、ゲームエリアの構成的にも定点で居続けるよりも、機動力を生かしてどんどん動き回って立ち回るほうが良いように感じました。

CQB FIELD BUDDY

住所は大阪府岸和田市河合町975-1.

車の場合、大阪市内からであれば高速道路で岸和田和泉インターチェンジを降りて15分ほどでフィールドへ到着します。

電車の場合、最寄り駅は南海本線岸和田駅またはJR岸和田駅となり、バスであれば南海バス塔原行き「河合」で降車して徒歩10分でフィールドへ到着します。

また1日最大6名までで参加予約時に事前に申請すれば、無料で送迎を利用できます。


関西でも実力者が腕を磨きにこぞって集まるフィールドで、ゲームエリアとカチカチメディックによる親和性の高さにより、勝っても負けてもとにかく“走って撃って汗かいて”と充実したサバゲーができると思います。

定期的にナイトゲームも開催しており、夜でも一部の空間へライトが点灯されるので、蓄光弾とトレーサーで楽しめます。

フィールドの詳細や最新情報はホームページ、並びにTwitterをご確認くださいませ。


ホームページ

https://www.cqb-buddy.com


Twitter

https://twitter.com/buddy_kuriwan

著者:骸骨サバゲーマーSasugo

関西を中心に活動する骸骨サバゲーマー。
関西だけでなく関東や他地域へ遠征サバゲーもよく行く。
サバゲーをするだけに飽き足らず、カメラマンやブログ、他にも
自身で主催する貸切サバゲーイベントの通称「チェンサバ」や、
創作キャラレイヤーとして「創作集団 悪役連合」のリーダーを
務めるなど幅広く活動する。
2020年よりサバゲーナビ公式ライター。

Twitter:@Sasugo_3

Blog:サスブロ!



スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告